犬の食物アレルギー対策におすすめのドッグフード3選

体調の悪い犬の画像

おなかや目・耳のまわりなどをかゆがったり、食べたものをもどしちゃったり。

かわいそうですよね。

ワンちゃんがアレルギー持ちの子だと、食べ物に気をつかいます。

できるだけ症状が出ないようにしてあげたいけど、犬の食物アレルギーってどう気をつけてあげればいいものなのか。

このページを読むとこんなことがわかります
  • アレルギーの子へのドッグフードの選び方
  • アレルギー対策におすすめのドッグフード3選
  • 犬の食物アレルギー対策に役立つフードローテーションの仕方

犬のアレルギー対策にいいドッグフードの選び方

アレルギーの気になるワンちゃんにドッグフードを選ぶときの考え方は一つです。

「アレルゲンを食べさせないこと」

基本ですよね。

MEMO
一応確認です。

アレルゲンとは、アレルギー症状を引き起こす物質・食材のことです。

ポイントを3つに絞って、アレルギー対策にいいドッグフードの選び方について掘り下げます。

  1. たんぱく源が一つであること
  2. アレルゲンとなりやすい食材がつかわれていないこと
  3. 注意すべき添加物が使われていないこと

たんぱく源が一つであること

アレルギーが気になる子にドッグフードを選ぶ場合、主要たんぱく源が一種類のブランドを選んであげましょう。

たんぱく源が一つのフードを選ぶ理由

食物アレルギーはタンパク質に反応して症状がでるためです。

 

たんぱく源が少ないほうが、アレルギー反応のトリガーがすくなくて済みますし、アレルゲンの特定もしやすくなります。(アレルゲンとはアレルギー症状の引きがねとなる物質のこと)

次の例だと、アカナのようなフードを選ぶべきです。

たんぱく源が複数のフード

「このこのごはん」のたんぱく源→鶏肉、鹿肉、マグロ

 

たんぱく源が一つのフード

「アカナ(パシフィックピルチャード)」のたんぱく源→イワシのみ

このこのごはんも良いフードではありますが、たんぱく源が複数あるために、いくつもトリガーをもっているわけです。

たんぱく源以外に使われている原材料も、できるだけシンプルなものを選ぶようにおすすめします。

原材料欄がごちゃごちゃしていると、どの食材に反応して症状がでているのかわかりづらくなりますからね。

アレルゲンとなりやすい食材がつかわれていないこと

当然のことですが、アレルゲン(アレルギー症状のトリガーを引く物のこと)になりやすい食材がつかわれていないこともチェックするべきです。

犬のアレルゲンにおおい食材
牛肉、豚肉、鶏肉、小麦、大豆、卵、乳製品、トウモロコシ、ジャガイモなど

注意すべき添加物が使われていないこと

保存料・着色料といった化学合成物質も避けるべきです。

これら合成添加物は、健康なワンちゃんにとっても避けてあげるべきものです。

ましてアレルギー持ちの子はデリケート。無用な刺激をあたえかねません。

特に避けるべき添加物一覧
  • 酸化防止剤→BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)、エトキシン、没食子酸プロピル、エリソルビン酸、エリソルビン酸ナトリウムなど。
  • 着色料→二酸化チタン、赤色2号、赤色3号、赤色40号、赤色105号、黄色4号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色2号、青色102号など
  • 発色剤→亜硝酸ナトリウム
  • 保湿剤→プロピレングリコール(キャットフードだと使用自体が禁止)
  • 保存料→ソルビン酸カリウム、ソルビン酸など。

犬のアレルギー対策におすすめなドッグフード3選

それでは、上記15品の中から特におすすめのドッグフードを3つご紹介いたします。

注意
アレルゲンはワンちゃんごとに異なります。

こちらで紹介したフードが、お宅のワンちゃんの体質に必ずあうというわけではありません。

アレルゲンが判明している子

アカナ(シングル)

アカナ(パシフィックピルチャード)のパッケージ画像

アカナのシングルシリーズは、アレルギー体質のワンちゃんにあわせやすいように、たんぱく源をひとつに絞っているブランドです。

ラム(羊)、ダック(アヒル)、ポーク(豚)、ピルチャード(イワシ)の4種類を展開。

原材料に植物性たんぱく質凝縮物は一切使われていません。

価格1,242円(340g)
5,724円(2kg)
14,040円(6kg)
20,520円(11.4kg)
内容量340g、2kg、6kg、11.4kg
評価5.0
わんこのための一口メモ

お肉の種類が4種類ありますので、ローテーションできます。

ひとつのブランド内でローテーションができる珍しいフードになります。

アカナの公式サイトを見てみる


アランズナチュラルドッグフード

アランズナチュラルドッグフードのパッケージ画像

アランズナチュラルドッグフードの強みは、原材料のシンプルさ。

わずか8品目で構成されています。

主要たんぱく源はラム肉。自然素材にこだわったアレルギー対策フードです。

価格【通常】3,960円
【定期】3,564円
内容量2kg
評価4.5
わんこのための一口メモ

アランズナチュラルドッグフードはラム肉フードの他にも、チキン&ターキーフードも展開しています。

チキン&ターキーフードも原材料がシンプル設計。

ちなみに、一粒一粒がハート型をしていて、かわいらしいデザインだったりします。

アランズナチュラルドッグフードの公式サイトを見てみる


Dr.ケアワン

ドクターケアワンのパッケージ画像

Dr.ケアワンのウリは国産無添加のドッグフード。悪い添加物を不使用。

一般食のために、ビタミンやミネラルの添加さえありません。

ムラサキイモに含まれるアントシアニンが免疫力を高めます。

価格【通常】3,000円
【定期初回】2,400円~
【定期】2,700円~
内容量800g
評価4.5
わんこのための一口メモ

Dr.ケアワンは30日間返金保証をおこなっています。

満足いかない場合には全額返金可能です。(※定期便の場合です)

Dr.ケアワンの公式サイトを見てみる


犬のアレルギー対策のためのドッグフードローテーション

ドッグフードローテーションとは、ずっと同じブランドばかりを食べさせるのではなく、いくつかのブランドを順番に試してみることです。

ローテーションのやり方

たとえば、ラム肉フード→鹿肉フード→サーモンフード→……といった感じ。

1~3か月周期でローテーションしていきます。

2つの狙いがあります。

  1. 同じたんぱく源をあたえつづけることによるアレルギー発症のリスクを避けるため
  2. アレルゲンを特定するため

1.アレルギー発症のリスクを避けるためにローテーションする

食物アレルギーの発症メカニズムは、コップから水があふれる様子に例えられます。

アレルギーコップ説
コップに水を注ぎ続けると、いつかはあふれて水がこぼれますよね。

アレルゲンも、一定のところまでは摂りつづけても大丈夫。

でも限界をこえると発症してしまう、というわけです。

 

花粉症を想像してもらえるとわかりやすいと思います。

花粉症ってある年、急に発症しますよね。

これは、アレルギーの許容量をこえてしまったから。

コップから水があふれたようなものです。

同じたんぱく源をとりつづけると、許容量をこえてしまう。

だから、定期的にローテーションをする、という考え方です。

2.アレルゲンを特定するためにローテーションする

アレルギー症状のトリガーになる食材を探すためにローテーションを試すことがあります。

例を出します。

フードAだと症状がでた。

フードBでは症状がでなかった。

フードAとフードBの食材を比較します。

フードAに使われている食材のどれかがアレルゲン。

逆に、フードBに使われている食材はどれも安全。

可能性のあるAの食材を避けつつ、Bのように安全な食材を確認していくのです。

これがフードローテーションによるアレルゲンの特定方法になります。

犬種別おすすめドッグフード

目的別おすすめドッグフード

子犬たち子犬のおすすめドッグフード!これを選んでおけばまちがいなし3選シニア犬の幸せそうな顔の画像シニア犬(老犬)のドッグフードの正しい選び方。おすすめごはんはコレボウルに入ったドッグフードを犬の画像半生タイプのドッグフード5選。安全で評判のおすすめフードはコレごはんを待ちきれない犬おすすめの缶詰ドッグフード5選。安全な無添加ウェットフードはコレグレインフリードッグフードの画像穀物不使用ごはん。おすすめのグレインフリードッグフードはこちら太った犬の画像ダイエット(体重管理)中のワンちゃんにおすすめなドッグフード3選涙やけしている犬の画像涙やけ対策のドッグフードの選び方とおすすめ2選青空とワンちゃん無添加ドッグフードで失敗しないための選び方とおすすめ5選体調の悪い犬の画像犬の食物アレルギー対策におすすめのドッグフード3選